中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大腿内転筋断裂:その後

<<   作成日時 : 2012/01/25 08:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

何にでも興味がある、アル。
柵に掛けてある敷物も気になってしょうがない。
画像

隙間も好きである。
画像
頭と背中に、黒い模様がある。
この模様、週単位の時間で、
移動、変形していくのだ。
頭や、頬にできた縞が、徐々に身体に広がって、
お尻に収束する。

アルが、おとなしくしてくれれば、定点カメラで、
ウェーブが見られそうだ。

遊び飽きると、足をつんつん突く。
画像
遊んでくれ!ってことらしい。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




その後の足

受傷から1日経ったら、痛みが倍増した。
鎮痛剤を定期で飲んだが、それでも痛い。
寝返りを打つにも、左足を手で支えないとだめだった。
ビッコを引きながら、家の中だけで過ごした。

うっかりくしゃみをしたら、十数秒ぐらい、
息もできないほどの激痛が下腹部に走った。

トイレに座るだけでも一苦労。
大腿内転筋というものが、普段思っている以上に、
いろいろな動作にかかわっていることが、
実感できた。


受傷から2日で、少しだけ痛みが引いた。
鎮痛剤の定期投与は続けていたし、
効果の切れ際はとても痛かった。
それでも何とか、少しずつ歩けるようになったので、
はるばる、洪福時の光家にラーメンを食べに行った。
普段なら、15分で歩けるが、この時は30分もかかった。

少し痛みが改善した反面、大腿内転筋が腫れてきた。
出血斑はなかったので、やはり出血は少なかったようだ。
腫れの原因は、やはり、炎症と浮腫だろう。
痛みの場所も、鼠径部と、大腿中間部に分かれてきた。
湿布の位置も、痛みに合わせて変更した。

受傷したのが、休みの前でよかった。
休み2日間を使って、安静を保ち(ラーメンは食べに行ったが)、
ようやく歩けるようになってきた。


受傷3日の昨日。
仕事は休めないから、通勤に倍の時間をかけて、歩いた。
左をかばうと、右の膝や、腰や肩にも負担がかかる。
そうやってかばっても、左足を動かすたびに、
ズキッ!と鼠径部が痛む。
そして、鈍い痛みが内転筋に沿って続く。
湿布はかぶれたので終了した。

仕事の後、知り合いの整形外科の先生に相談した。
やはり、保存的療法で良いこと。
鼠径部の痛みは、腹横筋まで痛めた可能性がある。

1週間は安静にして、そこからストレッチを開始すべき。
高率に股関節の拘縮が起きるので、
ストレッチは念入りにやること。
その後、痛みのない範囲で、基本動作を行い、
徐々にリハビリをすること。
4週間ぐらいで、完全復帰できるだろうこと。

リハビリの間、ベンチプレスはOK.
バイクも1週間過ぎたらOK.
走るのは2週間禁止。

その他、細々したアドバイスを頂いた。


受傷後4日の今日。
ほぼ普通に歩けるようになった。
もちろん、歩くたびに痛みはある。
それでともすると、ビッコを引こうとしてしまうが、
意識していれば普通に歩ける。
鎮痛剤は続行。
以前に腰痛でもらった、胃薬のサイトテックを飲んだら、
大下痢をしたので、やめた。

これなら、28日に、ベンチプレスと、
ストレッチ、軽くバイクなどができそうかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大腿内転筋断裂:その後 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる