中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 病み上がりのスクワット

<<   作成日時 : 2011/09/19 10:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も私の足の臭いを嗅ぐ、アル。
画像

嗅いだ後、何だかうっとりとした表情で、動きが止まる。
画像
やっぱり変態なのか?

そして、オシッコをすると、その臭いも嗅ぐ。
画像
この行動は、正常な行動らしい。

それにしても、オシッコの臭いと、
私の足の臭いが同列とは、
うーん、とっても複雑。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg(ノーベルト)×6回、112.5kg×2回、122.5kg×2回
メイン:112.5kg×7回、2セット。


感じ:

先週末に風邪をひいた。
これが非常に長く、かつ、つらい風邪だった。
始めは、喉が痛く、それが良くなったと思ったら、
咳が出た。
この咳、大円筋が痛い。
妙に身体への負担が大きい咳だ。

また微熱も出た。
だから、11日、12日とずっと寝ていた。
少しずつ改善したが、咳と微熱(37.2℃)が続く。
13日には、仕事をしていても、だるくてしょうがない。
座っているだけで、冷や汗が出る。
14日には、立ちくらみが頻発。
15日は、特に大事な仕事があって、気が張っていたが、
それでも立ちくらみとだるさが強い。
16日にようやく改善傾向になり、
17日には、咳も治まってきた、が、やはり残る。
体温も36.6℃から37.2℃。

ちょうど、16日職員健診で、
胸のレントゲンを撮ってもらったところ、
影はなかったので、一安心。
しかし。
体重が、何と74.4kgに減っている。
1週間のトレーニングブランク+風邪の影響で、
かなりの筋肉が落ちたらしい。

そんなこんなで迎えた昨朝。
立ちくらみはまだあるし、だるさも強い。
しかし。
今回休んだら、2週間のブランクになってしまう。
昨年10月にベンチプレスで、2週間のブランクとなったら、
10kgも力が落ちたし、
それから約1年経った今でも、全く取り返せていない。
その二の舞だけはしたくない。
どんなにつらくても、風邪から回復しつつある今、
トレーニングをやるしかないのだ。

無理やりジムに行くことにした。
足元が頼りない。
階段を降りるだけで息が上がる。
心拍を見ると、階段を降りただけで120を超えている。

ジムについて、ストレッチ。
これだけで、心拍が130を超える。
バーだけで、アップ&ストレッチ。
心拍は140へ。
60kg、思ったより重く感じない。
しかし、心拍は150を超えた。
112.5kgはとても重い。
以前の122.5kgの感覚だ。
やっと挙げた。
122.5kgはとてつもなく重い。
本当にギリギリで挙げた。
心拍は何と、174。
いつもより、10〜20高い。
厳しい。

さて、メイン。
重量設定を迷った。
ブランク+病み上がりで、確実に力が落ちているから、
重量を落として、107.5kgぐらいにした方が、穏当。
しかし。
107.5kgでも、かなり厳しいのには変わりはないだろう。
ここで弱気になっては、身体の弱りに飲まれる気もする。
ここは無理をしてでも、112.5kgを維持して、
来週につなげたい。
いろいろ考えて、112.5kg:すなわちブランク前と同重量。
ブランク+病み上がりの分は、回数を7回にすることで
何とかなるか?

さて始める。
1レップ目は良いとして、2レップ目ですでにきつい。
3,4とギリギリで挙がる。
この時点で、7回なんてとても無理。
5回でラックに戻そうと考えた。
2呼吸入れて、やっとのことで5レップ目を挙げる。
もうダメだと思いつつ、何故か、一呼吸で、6レップ目へ。
気持ちは負けているが、身体が反応した。
6レップ目はやはりギリギリ。
2呼吸入れて、7レップ目。
やはりギリギリで挙がった。
心拍は184。
厳しい。

インターバルは、8分。
筋肉へのダメージはかなり強い。
考えると、嫌になるので、無理やり2セット目に突入。
重さに慣れるかと思ったが、全く慣れず。
やはり筋力が、がっくり落ちているのだ。
一気に行くはずの4レップス。
4レップ目に、こらえきれず一呼吸入れる。
5レップ目に2呼吸、6レップ目は一呼吸、
7レップ目を降ろす前には、3呼吸。
本当にギリギリで、クリア。
心拍は何と!188にまで上がった。

これほど厳しいスクワットは、
昨年春の試合を見送ってから初めてのことだ。
この厳しさの原因は、やはり風邪。
ブランクだけでは、ここまで落ちない。
風邪そのものが消耗させただけでなく、
安静が筋肉を奪ったのだ。
まさに廃用症候群(注)。
恐るべし。

注:30才ぐらいの健康な人を、
  3週間寝たまま過ごさせると、
  何の病気でもないのに、
  その後、立つことすらできなくなるという。
  安静は必要な治療法だが、
  安静の副作用も非常に強いのだ。

終わってから考えると、
かなりの無理だった。
もうちょっとで潰れるところだった。
潰れたら、その精神的影響は計り知れないものがある。
運が良かったと考えざるを得ない。
本当は、重量を下げるべきだったかもしれない。
しかし、何とか無理を通したことで、
最小限の後退で済ませたし、
来週につなぐことができた。
来週も厳しいだろうが。


補助トレーニング

内容:

ベンチプレス:60kg×6回、90kg×2回
シュラッグ(パワーラック):140kg×8回、2セット
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):120kg×8回、2セット
シットアップ:最上段5kg持って、10回×3セット
マシン・ロウ:98kg×8回、1セット


感じ:

スクワットでヘロヘロもヘロヘロ。
歩くのですら、心拍が上がる。
しかし。
これだけ筋力が落ちたということは、
ベンチプレスも、このままでは厳しそうだ。
少しでも神経伝達を戻そうと、
体力的には厳しいが、ベンチプレスを少しだけやった。
筋肉に負担をかけない、筋肉痛にはならない程度。
60kgは、いつも通りの感じだ。
しかし、ブリッジがつらい。
90kgはかなり重い。
やはり力が落ちている。
踵で蹴る、下に押し下げるなどの意識をしつつ、2回。
これ以上は、筋肉痛になりそうだから、ここまで。
効果があったかどうかは、明日判明する。

シュラッグは、2.5kg減でやったが、それでもギリギリ。
ベント・オーバー・ロウも、2.5kg減。
それでも膝を使ってやっとのことでクリア。

シットアップだけは、以前と同じ感じでクリア。

ここで、本当に疲労しきった感じ。
しばらく隅で休む。

少しだけ体力が回復したので、
マシン・ロウを1セットだけやった。


ストレッチをやって終了。

検量すると、74.4kg。
おそらく、社会人になって最低の体重ではないか。


これはやばいと思った。
この状況には、やはり豚の脂だ。
ということは、トンカツだ!
トンカツなら、かつ久だ!

ということで、電車に乗って、かつ久へ。
疲労が強く、食欲が半減していたので、
ロースかつ170gとした。
とても、旨い脂だった。

しかし、やはり下痢をした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病み上がりのスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる