中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS きびしかったスクワット

<<   作成日時 : 2011/07/04 10:20   >>

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

抱っこされるアル。
画像

まだ慣れないので、緊張して、固まっている。
画像

そのうち、頭を持ち上げて、警戒のポーズ。
画像
アシカみたいだ。

そのうち、私をガン見し始めた。
画像
警戒対象は私だったようだ。


今のアルは、音に敏感。
これまでは閑静な高級住宅地の中、
しかも奥まったケージにいた、アル。

我が家は、街中だし、消防署、警察署も近い。
救急車の音、自動車の音、警察のアナウンス、
暴走族の音、さらには、帷子川の水位警報など、
一つ一つの音が、アルにとって初体験。

さらに、30日には初めての雷。

家の中では、私の電気剃刀の音、
シャワーの音、ソファーから立ち上がる音まで反応している。

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg(ノーベルト)×6回、112.5kg×2回、122.5kg×2回
メイン:112.5kg×8回、2セット。


感じ:

昨日は、緊急の仕事で、朝早くから職場へ。
朝食を食べないまま、11時ごろまで仕事。
疲れきって帰り、12時に昼食。
もうトレーニングは無理だと思っていた。

昼寝をしたら、すっきりしたので、
ジムに行った。

バーだけ担ぐと、とても重い。
60kgも、112.5kgも重い。
122.5kg、先週までの余裕が全くない。
ギリギリで挙がる。

うーん、これは、朝食抜きの影響か?

食抜きをすると、パワーの種目には
てきめんに悪影響が出る。
特に当日の食抜きは大きな影響がある。
普通に筋トレするだけなら問題ないが、
パワーの種目をきっちりやるなら、
食事をしっかり摂り続けることも、
重要な身体のメンテナンスだ。

そんな反省をしつつ、しかし、メインはやるしかない。
考えていると嫌になるので、無理やり突入。
最初の4レップスは何とか、一気にいけた。
2呼吸入れて、5レップ目まずまず。
しかし、呼吸の苦しさに負けて、
今度は3呼吸。
腹圧も不十分なまま、6レップ目、
かなり厳しい挙げとなった。
さらに2呼吸で7レップ目、厳しい。
3呼吸で、8レップ目、潰れるかと思ったが、
何とか、こじ挙げた。
つらい、つらーいセットだった。
心拍は、1セット目なのに180近くまで挙がった。

朝食抜きによる力の低下と、
心が、苦しさに負けている。
だから、余計に息継ぎが必要になり、
それが時間を長くするから、さらに苦しくなるのだ。
だから、苦しさを容認して、
テンポよく進めていく必要がある。
その際、中途半端な呼吸はいけない。
インターバルで、様々な反省、修正を行う。

8分のインターバルで、2セット目へ。
すでに、大腿四頭筋、臀筋ともかなりのダメージ。
さらにつらいセットになると、覚悟して始める。
最初の4レップスは、何とか、何とか一気にいけた。
2呼吸で5レップ目、まずまず。
苦しさを抑え、1呼吸でテンポ良く6レップ目。
さらに苦しさを抑え、1呼吸で7レップ目、
きついが、きっちり挙がる。
ここで2呼吸、8レップ目、きつかったが、
何とか、挙げきった。

久々にかなり追いつめられたスクワットだった。
落ちた筋力、負けそうになる心、
それを修正しながらのメインだった。
厳しかった。

震災後、少しずつ刻みながら、記録を更新し続けてきた。
しかし、筋力的にも心肺機能としても、そろそろ限界だ。
来週は、田舎に行くこともあり、
一度重量を下げて、サイクルの最初に戻ろう。


補助トレーニング

内容:


シットアップ:最上段5kg持って、10回×3セット
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):178kg×10回、3セット

シュラッグ、ベント・オーバー・ロウ、マシン・ロウ、
ラット・プル・ダウンはできず。

感じ:

シュラッグをやろうとして、バーに重りをセットしてから、
はた!と気付いた。
パワーグリッププロ(ゴールドジム社製)を家に忘れた!

手首のパッド部に汗が浸み込むので、
たまには洗わないと(注)、
ということで持って帰ったのが先週。
持ってくるのを忘れた。

注:知り合いで、これを使っている人の多くは、
  「一度も洗ったことがない」という。
  とても汚いと思う(発酵しているのでは?)。
  汗が浸み込むわりには、
  リストラップよりも臭わないけれど。

しょうがないので、素手でやろうとした。
デッドリフトでは、200kgまでは、
素手のグリップで問題ないのだ。
140kgぐらい、簡単さ、と思ってバーを握って挙げる??
バーが回って、すっぽ抜けた。

デッドリフトは片手が逆手グリップ(私は左手が逆グリップ)。
だからバーが回らない。
しかし、シュラッグにしてもベント・オーバー・ロウにしても、
両手とも順手でなくてはならない(注)。
すると、バーが回って、持ち上げられないのだ。

注:ただでさえ、特定の筋肉群に集中するのが難しい種目。
  左右のグリップの方向が違えば、
  左右均等に効かせるのは不可能だろう。
  特にベント・オーバー・ロウは、逆手の方が、
  どうしても上腕二頭筋を使いそうだ。
  ベント・オーバー・ロウのキモは、
  上腕二頭筋無視なのに。

考えてみれば、140kgを順手で持ちあがったら、
握力は、片手で何と70kgということだ。
私の握力は、50kg以上だが、
70kgという途方もない握力はない。

片手を逆グリップにすることで、握力の2倍ぐらいの
重さが挙がるのだということがわかった。
そして、パワーグリッププロの効果もよくわかった。
素手でできる重量では、効かないこともわかる。

こりゃ、シュラッグ、ベント・オーバー・ロウだけでなく、
マシン・ロウ、ラット・プル・ダウンもだめだろう。

ふと見ると、なじみのトレーナー:○橋君がいる。
ダメ元で、「ジムでパワーグリッププロ貸出やってない?」
と聞いてみる。
やっていないとのこと。
さらに、○橋コーチの個人所有物を貸してくれると言う。
でも、それはあまりに申し訳ないので、辞退した。

と、言うことで、背中のトレーニングは、今週休み!とした。
立派な理由があって良かった。
ちょっとお粗末だけれど。

そう思うと、補助トレーニング自体のやる気が急速になくなった。
しかし、シットアップは、休むと途端に落ちるので、
やることにした。
幸い、旧台が空いている。
2セット目までは余裕でこなしたが、
3セット目が中間から、どんどんきつくなる。
最後の最後は、バーをつかむのがやっと。
これも朝食抜きのせいか?

カーフレイズは、いつもの感じ。
余裕でクリア。


ストレッチをして終了。
検量すると、75.4kg。
最低記録更新?
今なら、75kg級で検量パスしそうだ。

やはり、1食抜いただけで、てきめんに体重が落ちる。
そして、そういう体重低下の中で、パワーの種目は
とてもきつい。
これから暑いから、しっかりと食事を摂っていこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルちゃん かわいい〜耳が長くって 毛の色も素敵です。大きくなる前の、かわいい姿 たくさんたくさん見せてくださいね〜
ぴーち
2011/07/05 00:28
ぴーち様コメントありがとうございました。アルの耳、確かに長めです。子供だから?この1週間で、身体は、確実に大きくなっています。写真撮りまくっています。
JH
2011/07/05 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
きびしかったスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる