中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無理やりスクワット/クーの火葬

<<   作成日時 : 2011/06/06 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

クーが亡くなって、初めての朝。
今までのように、
「おはよう、クーちゃん」と言いかけて、気付く。

どうしようか迷ったが、
しばらくは、
撮り貯めたクーの生前の写真を載せようと思う。

6/4の入浴の続きである。
今回は乾燥。
ペットシーツに乗せてドライヤーをかける。
画像
お尻近くのピンク色は、褥瘡。

前足を揃えて、うっとりと乾燥される。
画像

右足に包帯を巻いて、完了。
画像

ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg(ノーベルト)×6回、110kg×2回、120kg×2回
メイン:110kg×9回、2セット。


感じ:

クーが早朝に亡くなって、でも、実感が湧かない。
クーは眠るように死んだから、
遺体を見ていると、今にも動きそうで。
そう思うと、涙が出てくる。
とてもトレーニングという気にはならない。

しかし、火葬は午後。
それまで、家でイジイジしていると、
ペットロス症候群になってしまいそうだ。
嫌なことを、一時的にせよ、
全て忘れることができるのはトレーニングだけ。

それに、考えてみると、
クーが亡くなったから、来週は温泉だ。
だから来週はトレーニングができない。
今週は、しっかりやらなくてはいけない。

いろいろ考えて、無理やりジムに行った。

ジムに着くと、知り合いが多い。

早速バーのみ担いでみる。
いつもと変わらない感じ。
60kgもいつもと変わらないが、
右の股関節と膝上が痛い。
110kgはやはり重い。
120kgを担ぐと、クーのことを忘れた。
きっちり、余裕を持って、挙がった。

さて、メイン。
呼吸を整えて、担ぐ。
1レップ目から、かなりきつい。
有無を言わせず、4レップ目まで無理やり続ける。
1息吸って、5レップ、きつい。
それを繰り返して、6,7,8。
2息吸って、でも先週の失敗:
息を吸いながら下ろす:をしないように、
苦しくても、しっかり吸って、止めて、降ろす。
きっちり挙がった。
心拍は179。

8分のインターバル。
大腿四頭筋が結構つらい。
それでも、決意して、2セット目に突入。
1セット目よりもきついが、
根性で最初の4レップスをこなす。
5,6ときつい。
7で尻が上がってこじってしまった。
3呼吸で仕切り直し、止めて降ろす。
8レップ目はきっちり挙がった。
今度は2呼吸で9レップ目を降ろす。
とてもきつかったが
止まりそうになることもなく挙げきった。
心拍は182。

終わって安心した途端、クーのことを思い出した。


補助トレーンんグ

内容:

シュラッグ(パワーラック):140kg×8回、2セット
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):120kg×8回、2セット
シットアップ:最上段5kg持って、10回×3セット
マシン・ロウ:98kg×8回、2セット
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):178kg×10回、3セット
ラット・プル・ダウン(マシン):68kg×8回、2セット


感じ:

シュラッグは、きっちりできた。
ベント・オーバー・ロウは、膝を使ってしまう。
何とかクリア。

シットアップに行くと、いつもの台(旧台)は使用中。
仕方なく、やりにくい新台を使う。
1セット目からきつい。
2セット目はもっときつい。
3セット目、ダメかと思ったが何とか、やりきった。

マシン・ロウは先週の増量でかなりきつい。
しかし、何とか完遂した。
もうヘロヘロだ。

カーフレイズは、ゆっくりと。
全くきつくない。

ラット・プル・ダウンは、手幅をさらに少しだけ広く。
上腕二頭筋の無視が、何とかできた。
きびしかったが、何とか完遂。


ストレッチをして終了。

検量をすると、77.1kg。
カロリミットで減った体重も、
停滞期なのか。


クーの火葬

葬儀屋さんの選定と火葬の内容

ペットの葬儀屋さん、
最近はトラブルが多いという話をよく聞く。
特に出張火葬で、火葬の煙の問題や、
ひどい時は、ぼったくられるらしい(注)。
廃品回収と同じ感じ。

注:火葬を始めてから、法外な値段をふっかけ、
  「金を出さないならこのまま放置」
  などと脅すという悪徳商法があるらしい。

土曜の朝には、クーの状態がかなり悪かったから、
昼間、仕事の合間に、いろいろと調べた。
でも、ホームページを見ただけでは、
そこが信頼できるまでは判断つかない。
口コミを調べても、
その会社のHPの「お客様の声」ばかりで、
価格.comやアマゾンのような
会社とは別立ての口コミは少ない。

先代のピーの時は、妻がHPを参考に選んだ。
その営業所に遺体を持ち込み、
火葬してもらい、骨を拾って、持って帰った。
トラブルもなく、人の良さそうなおじさんだった。

あれから、約6年。
あの時の葬儀屋さんの資料はない。
場所だけは大体覚えているが、
6年も経てば、いろいろ情勢は変わっているだろう。
もう一度調べ直した。

真面目に書いてあるHPを
いくつかピックアップして比較する。

もちろん、人間の葬儀に比べたら
大したことはないが、ペットの火葬でも
いくつかのやり方があり、決めるべき点は多い。

まず個別火葬か、合同火葬か。

次に立会火葬か、一任火葬か。
火葬するその場に行って、骨を拾ってあげる、
それが、立会火葬らしい。
一任火葬は、自宅まで遺体を引き取りに来て、
どこかで火葬して、骨にしてから、
自宅まで届けてくれる。

遺骨を返してもらうか、
どこかに安置してもらうかも決める。
オプションでは、
骨を砕いて、海などに撒いたりするため、
また一部をアクセサリーにしたりするため、
粉骨というのもある。
さらには、提携のお寺に納骨、
供養してもらうというのもある。

値段は、調べたところでは、
ウサギの場合、16,000円から、28,000円ぐらい。
合同火葬の方が当然安い。
一任の方が、立会よりも安い。
しかし、出張料金を別に取るところもあるし、
立会の家族の送り迎えで別料金のところもある。
粉骨は通常別料金。
さらにお寺や納骨堂への安置となれば、
当然別料金。

信頼できそうというのが一番の条件。
さらに、個別火葬もはずせない。
別に骨は拾わなくてもいいから、
一任でも、立会でもいい。
粉骨は不要だが、返してもらいたい。
ピーと一緒に、妻の実家の庭に埋めるから。

あと気になるのが、どこで火葬するか。
専用の火葬場を持っていれば、大丈夫だが、
自動車に火葬設備を付けているところもある。
どこでも火葬できる利点はあるが、
どこで火葬するのかが問題。
うちは、マンションだから、いくら無煙とのことでも、
駐車場で火葬は、苦情が出そうだ。
さらに電気での火葬らしいから、
電源がないと、発電機を作動させるとのこと。
その騒音も気がかりだ。

電話で聞いてみると、そういう場合は、
畑ばかりのところに業者が行って、
火葬してきてくれるとのこと。
うーん、そんなことしていいのかな?

24時間受け付けのところが多い。
しかし、24時間というのは受付だけ、
火葬は、昼間というところがほとんどらしい。

いろいろ調べるうちに、住所が、
6年前のピーの時と同じというところがあった。
ペットセレモニーシステムエンジェル。
料金は20,000円と安くはないが、
別料金項目が少ない。
経営は変わっているのかもしれないが、
6年前は、しっかりやってくれたし、
6年間続いているということは、
怪しくないのではないか。

電話してみると、
「6年前はおじさんだったでしょうが、今は違います」
と、明らかにおじさんの声が言っていた(注)。
自動車に火葬装置が付けてはいるが、
大型なので、営業所で火葬しているとのこと。
さらに、6年前同様、遺体を持ち込んで、
骨を持ち帰ることもできるという。
同じ料金だとのこと。
自宅から、車なら15分以内だし、場所も覚えている。
いろいろ考えて、ここに決めた。

注:実際に会ってみたら、やはりおじさんだった。
  おじさんはおじさんでも、
  6年前のおじさんではない、という意味だったらしい。


火葬

クーの遺体を見ていると、今にも動き出しそうで、
そう思うと悲しくて悲しくてしょうがない。
涙が出てくる。
早く火葬にしてあげないといけない。

棺桶を用意してくれる業者もあるようだが、
どうせ燃やしてしまう棺桶、しかも動物用に
そんな無駄は良くない気もした。
ピーの時は、ゴミ用のポリ袋に入れて、運んだ。
でも、それじゃかわいそうだ。

ふと見ると、
クーの介護グッズなどを入れていた
ワインの木箱(2本入り)がちょうど良い大きさだ。
それに、タオルを敷いて、ペットシーツを敷く。
そこに遺体を安置して、まわりに保冷剤を入れて。
クーの好きだった食べ物、
買ってきたお花を入れて。
小さなひまわりが、クーのつぶらな瞳を思い出させる。

自動車に乗せて、出発。
記憶通りの場所に、記憶通りの建物があった。

葬儀屋さんが段ボールの棺桶を用意してくれていたが、
上記の木箱の方が良いということになり、
保冷剤だけ抜いて、そのまま火葬にすることになった。
最後にクーを撫でて、毛の感触を心に刻み込んだ。
お別れはとっても悲しかった。

約1時間で、骨になったクー。
骨が小さく、お箸では拾いにくいので、
手で拾って、骨壷に入れる。
ちゃちいが、位牌も作ってくれた。

無事火葬が終わり、自宅に到着。
ピーの位牌と遺影の隣に安置した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無理やりスクワット/クーの火葬 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる