中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新重量に慣れるためのスクワット

<<   作成日時 : 2011/06/20 10:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

本日もクーの生前の写真。

撫でて欲しくて、頭を突き出すクー。
画像
この撫でて欲しいのアピールも日に日に弱くなっていた。

撫でられてうっとり。
画像

そして、すぐに眠ってしまう。
画像

クーの写真を見るのはつらい。
特に、亡くなる直前の写真を見るのは、
追体験するようなものだ。
しかし、もう少し写真があるから、
アップしていきたい。
少しずつ、気持ちの切り替えをしながら。


ペットブログランキング

人気ブログランキングへ
よかったらクリックしてください。




昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg(ノーベルト)×6回、112.5kg×2回、122.5kg×2回
メイン:112.5kg×7回、2セット。


感じ:

先週は、箱根旅行だったから、本当ならブランク。
しかし、前回のベンチプレスの後に、根性で、
112.5kg×7回を1セットだけやった。
だから、今週は、それほど落ちていないのではないか。
しかし、この歳のトレーニングというのは、
下りエスカレーターを昇るようなもの。
気を抜けばどんどん落ちていく。
だからといって、かけ上がるほどの体力はない。
地道に地道に昇るしかないのだ。
甘い考えは捨てるべきだ。

さて、ジムに着いて、パワーラックを見ると、
先に使っている人がいる。
仕方ないので、先にシットアップをやった。
すると、心拍が140まで上昇。
数分の休憩でも、130前後にしか落ちない。
やはり、ブランクはブランクなのだろう。

ようやくパワーラックが空いて、バーだけ担ぐ。
重さは、いつもと変わらない。
60kgも同じ感じだ。
心拍は、140を超える。
いつもより10ぐらい高い?

112.5kgは、とても重い。
先週の感覚よりも重い感じがする。
1レップ目がかなりきつい。
2レップ目はちょっと慣れた。

さて、122.5kg。
担ぐととてもとても重い。
しかし、自分を信じて降ろすと、
きっちり挙がる。
2レップ目も少しだけ余裕がある。
瞬発的な筋力は落ちていない。
しかし、心拍は160-170。
かなり高い。

ちょっと休憩して、いよいよメイン。
担ぐと、とても重い。
1レップ目から余裕がない。
しかし、考える暇を与えず、2レップ目。
これも余裕なし。
やはり無理やり3レップ目、どんどん追いつめられる。
さらに4レップ目、ギリギリの感じで挙がる。
ここで呼吸を整えざるを得ない。
2呼吸して、5レップ目。
重さになれてきた。
6レップ目、何とかフォームは崩れない。
息継ぎ2回。
しっかり吸って、止めて、7レップ目を下ろす。
すると、前傾が強く、バランスを大きく崩した。
前に転ぶか?と思いつつ、何とか挙げて、
足を前に出して、何とか転倒しないで済んだ
(試技だったら、赤)。

全ては心の弱さ。
重さに心が負けているのだ。
それが、焦りを生み、その焦りが、
バーを下ろすことばかり考えた姿勢を生む。
挙げに自信がないから、腰高となる。
よって、身体を前傾させてしまう。
つまり逃げているのだ。

また、最近の失敗の原因である、
息を吸いながら下ろすということを戒め、
吸って止めてから下ろすということを意識している。
しかし、何となく、リズムが変だ。
息止めと下ろすタイミングがずれている。
だから、下ろしで迷いが生じる。
それが、切り返しの微妙なタイミングをずらす。

さらに、息止めばかりで、腹圧をかけることができていない。
もっと、ベルトを腹で押す感覚が重要だ。

今まで何となくできていたことが
急にできなくなった。
意識しないでできたことは、
意識しないうちにできなくなる、そういうものだろう。
だから、今の状況を脱するには、
意識しないでできていたことを、
意識してできるようになること。
もし、また、意識しないでできるようになっても、
意識できるまで安心してはいけない。
もがくしかない。

いろいろ反省していたら、すぐに8分経ってしまった。
心拍は140以上。
やはりいつもより回復が遅い。
嫌がる心を踏みつけて、無理やり2セット目に突入。
最初の4レップスは、何が何でも一気にいく。
余裕がないのは、1セット目同様だが、
心の中のある部分が、「重さに慣れてきた」と考えている。
5,6レップ目は、1セット目よりも安定してできた。
7レップ目、息を吸って、腹でベルトを押して、下ろす。
まずまずの感覚で挙げた。
これなら8レップ目もあり得る。
心拍は180だから、最後の最後で体力が戻ってきた。

やっと、112.5kgでの先が見えてきた。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(パワーラック):140kg×8回、2セット
ベント・オーバー・ロウ(パワーラック):120kg×8回、2セット
シットアップ:最上段5kg持って、10回×3セット
マシン・ロウ:98kg×8回、2セット
カーフレイズ(レッグプレスマシンにて):178kg×10回、3セット
ラット・プル・ダウン(マシン):68kg×8回、2セット


感じ:

シットアップは、スクワット前にやった。
ブランク明けなのに、やりにくい新台しか空いてなかった。
1セット目の10回は余裕あり。
2セット目は、かなりきつく、
3セット目は、最後の最後が挙げきれず、
バーを持てなかった。
そのままだと、落ちるので、
タオルをつかんで何とか引き上げた。
危ない、危ない。

シュラッグは、ブランクのせいか、ほとんど余裕なし。
ベント・オーバー・ロウは、思いっきり膝を使ってしまう。
それでも、最後の1レップは、不十分。

マシン・ロウもやはり厳しい。
2セット目の後半は、菱形筋を意識できず。

カーフレイズだけは、いつもの余裕。
つまり効いていないってことだ。

ラット・プル・ダウンは、上腕骨の意識はできる。
やはり握りの幅が重要。
しかし、筋力的には厳しく、
最後の2レップスは不十分。


ストレッチをやって終了。
やはりブランクは、ブランクだった。
しかし、スクワットの落ちが少なかったから良かった。

検量すると、76.1kg。
箱根旅行による肥満は、最小限で済んだようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新重量に慣れるためのスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる