中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スクワットのフォーム

<<   作成日時 : 2009/12/10 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

妻の脇の下に頭をめり込ませるクー。
画像
ペットとして飼育されているカイウサギは、
もともとアナウサギから派生したらしい(Wikipediaより)。
アナウサギは穴を掘って、潜り込むウサギだから、
カイウサギも狭いところが好き。
クーも、広い所よりも、狭いところが安心するらしい。
広いケージがあるのに、隅っこで頭をつけて眠る。

最近、妻の抱っこで撫でられる時、
何故か、脇の下に頭をグリグリ突っ込むようになった。
アップで写すと、こう。
画像
垂れた両耳の間にある頭が、
妻の脇に、半分以上めり込んでいる。

こうするととても落ち着くらしく、
ブウブウ言いながら、気持ち良さそうに撫でられている。
苦しくないんだろうか?
変な趣味、あっいや、習性。

ペットブログランキング
よかったらクリックしてください。


スクワットのフォーム

ジムで良く見る人が、スクワットをやっていた。
おじさんというより、おじいさん。
この年齢で、パワーラックを使い、スクワットをやるとは
なかなかの根性だ。
もちろん、ハーフスクワットだが、
若くてもハーフどころか、クォーターぐらいしか落とせない人が多いのだから、
このおじいさんは、かなりがんばっているのだ。

ちょっと見ていたら、フォームがおかしい。
AタイプとBタイプのフォームがごちゃ混ぜ。
軽い重量では、Aタイプ、お尻を引いて、膝が前に出ないでしゃがむ。
それで、無理やりバランスをとるために、
上半身を前傾させるからハラハラする。
重くなってくるとBタイプ、お尻はまっすぐ降ろしている。
あきらかにBタイプのフォームの方が、安定しているし、
やりやすそう。
重くなってくれば、当然やりやすいフォームになるのだな。
と思ってみていたら、急にまた、Aタイプのフォームを混ぜてやっている。

とても不思議なので聞いてみた。
「重く感じる時と軽く感じる時がありませんか?」
おじいさん曰く、「その通りなんだよ」「どうしてかな?」

そこで、スクワットのフォームには大きく分けて、2つありましてね、と
自分の「I love squat T シャツ」の背中を見せて説明する。
「Aタイプ、Bタイプどちらが、しゃがみやすいですか?」
「こっちだね」とBタイプを指差す。
やはり、Bタイプだ。

自分でもBタイプがやりやすいのに、何故に無理やりAタイプを
やってしまうのか?
おじいさん曰く「トレーナーに、お尻を出してやるように言われた」とのこと。
やりやすいから、ついついBタイプでやるけれど、
はっと、トレーナーの教えを思い出して、
やりにくいAタイプに変えるのだとという。

とてもかわいそうなので、
トレーナーの言う通りにしなくても良い、
自分に合ったフォームでやれば良いと話したら、納得されていた。
これからは無理やり合わないフォームでやらなくても済むはずだ。

私の通うジムのトレーナーは何故か、Aタイプのフォームしか教えない。
Aタイプしか知らないのだ。
しかし世の中にはBタイプの人も多い。
そういう人は、トレーナーの言うことをまじめに聞いてやると、
自分に合わない、やりにくいフォームでやることになる。
かく言う私もそうだった。

マシンなどはまだ良いが、フリーウエイト、
特にパワーリフティングの種目を教えるトレーナーは、
4スタンス理論ぐらい、知っているべきだと思う。
専門的に知っていればその方が良いが、
私程度の知識だけで、救われる人は多いはずだ。

パワーリフティングとしてやる人だけでなく、
単純にトレーニングの種目としてやる人にも、
やはり正しいフォームについての知識、指導が必要だと思う。
やりにくいだけならいいが、怪我をしたり、
嫌になってやめたりしてしまったら、何にもならない。

だが、大手になればなるほど、
そういう新しい理論は取り入れにくいのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
自分も4スタンスのカラダの使い方を取り入れてから、スクワット伸びました。
ちなみに、A2です。

一方、ベンチはあまり自分には合わないようです。

うさちゃん、すっかり良くなったようで、嬉しいです。


taatang
2009/12/10 21:52
taatang様、コメントありがとうございます。
私はB1です。

ベンチプレスだけ何故合わないのか不思議ですね。やはり一度専門家に見てもらったらどうでしょうか。ノーリミッツは遠いと思いますが、千田さんなら近いのでは?
私の場合、ベンチプレスは、以前からやっていたフォームが、そのまま4スタンス理論通りだったので、違和感がありませんでした。

クーはお陰さまで、絶好調になってきました。わがままも最高潮ですが。
JH
2009/12/10 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
スクワットのフォーム 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる