中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 記録更新のスクワット

<<   作成日時 : 2009/04/14 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

へちゃむくれで眠る、クー。
画像
ここまで顔をくずして眠るとは、特技?
頭がい骨すら、ゆがんでいるように見える。
撫でてみると、本当に頭が平べったい。


昨日のトレーニング

メイン:スクワット

アップ:60kg×6回、90kg×1+2回、120kg×1回

メイン:130kg×2回、1セット

ギア:
   センチュリオン裾あげ+5回巻きのニーラップ:140kg×1回
   センチュリオン+6回巻きのニーラップ:150kg×1回
   センチュリオン+6回巻きのニーラップ:155kg×1回
   センチュリオン+6回巻きのニーラップ:160kg×1回、2セット

補助:なし。


感じ:

アップはいつもより軽い?好調??
130kg×2回も余裕でこなす。

昨日は、ビクターなしにアップできるかどうか、やってみた。
ビクターなしにアップできれば、アップがシンプルに、
短時間で終了できるからだ。

センチュリオンの裾をあげて、ニーラップを少なめに巻いて140kg。
浅い。

続いて150kg。
深さは良好だが、タイミングが悪く、挙上途中で止まりそうになる。
ニーラップがうまく巻けず、右足巻いたまま、
左足を巻きなおすなんてことをしたからか??

その恐怖が残ったせいか、155kgが浅い。

160kgにする。
この重量は、昨年、ついに挙がることのなかった重量である。
練習ではつぶれ、試合では浅かった。
ちょっとトラウマ。

トレーナーに深さを見てもらってやる。
1発目。
自分でも浅いと感じる。トレーナー曰く、「水平」とのこと。つまり赤。

納得できないのでもう一発。
今度は、自分でもわかる十分な深さ。
トレーナーも十分という判定。
まだ挙げに余裕がある。

非公式ながら記録更新。
気合とタイミングさえ合えば、160kgは軽いのだ。
これなら165kg行ける。
しかし、そのタイミングが難しい。

やはり最初からセンチュリオンでやると、
軽い重量で、浅めになる。
その感覚を引きずって、重量を上げると、浅めのタイミングを修正できない。
ビクターで軽重量から、しっかり深く降ろす感じをつかみつつ、
重量を上げていく必要がある。

ニーラップも、毎回慣れが必要なようだ。
緩めから、強めへ、毎回慣れながら強くしていくのが、
自分で巻くためのこつじゃないだろうか。

やはり、135kgでビクター、ニーラップ4回巻き、
145kgでビクター5回巻き、その次に150kgセンチュリオン+6回巻きと
徐々に、スーツの感覚とニーラップのきつさに慣れる必要がありそうだ。

センチュリオンで、軽い重量に合わせようとするのも、無意味。
そこで、帰ってから、センチュリオンを少しつめた。


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(スミス):111.5kg×8回、2セット
ベントオーバーロウ(スミス):106.5kg×8回、2セット
マシン・ロウ:91kg×8回、2セット

感じ:

補助トレーニングは種目を絞って。
しかし、6回を8回にした。
ロシアンルーティンはしばらくやめようと思う。
8回2セットのみ。

ストレッチとバラコン運動やって終了しようとしたら、
時間が余った。
うーんどうしよう。

結局、クロストレーナーで、有酸素運動をやってしまった。
25分。
結構疲れた。
ピーキング中に、有酸素って良くないんじゃないだろうか??


夜中になったら、肩が痛い。特に左肩。
シュラッグのせいかとも思ったが、違う。
どうも、160kgを担いだための、アザができているようす。
昨年は、150kgでアザができていたから、
今年は10kgの進歩。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
記録更新のスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる