中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 困惑のスーパースーツ

<<   作成日時 : 2009/02/17 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

耳が立っていた方が、うさぎらしい??
画像
クーはロップなので、耳が垂れている。
うさぎのことを、あまり知らない人には、
うさぎに見えないかもしれない。
だいたい、典型的なうさぎの絵では、
耳が立っているのが普通。

そこで、無理やり、耳を立ててみた(注)。

注:たまに、「うさぎを持つ時は耳を持つ」という
  全くの間違いを信じている人がいる。
  一体、どこから、こんな嘘が出てきたのか?
  うさぎの耳はデリケート。
  耳を持ってはいけない。
  つまんで、持ち上げるぐらいは可。

なんだか、ダンゴウオ(注)みたいだ。

注:伊豆の海でも、稀に遭遇する魚。
  成長しても、2cmぐらいまで、
  普通は、ミリメートルサイズの小さい魚。
  硬骨魚綱 カサゴ目 ダンゴウオ科らしい。


昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×3回
ギア:112.5kg×2回、125kg×1回、135kg×1回、140kg×2回、145kg×2回
メイン:112.5kg×6回、4セット
補助:スーパースーツ着て:112.5kg×5回、90kgつぶれ


感じ:

何故か不眠の一昨日。
昨日朝は眠くて、二度寝。
昼にはすっきり。
トレーニングに行く。

アップが軽くなってきた。好調の兆し??
112.5kgのメイン1セット目。いつもと変わらぬつらさ。

スーパースーツを着る。
前回での教訓を元に、メインと同じ重量:112.5kgで始める。

一発目、下で止まるも、難なく持ち直して、クリア。
しかし納得できず。もう一発。

今度は、浅めだが、タイミングもばっちり。

125kg。深さは浅め。平行ぐらい(失敗試技)。
でもタイミングは良いので、先に進む。

135kg深さはぎりぎり大丈夫。
軽い。

140kg。緩めにニーラップを巻いてみる。
思いっきり降ろしても、浅い。
しかし、軽い。

145kg。トレーナーに判定してもらう。
ニーラップは、試合よりも一巻き緩い。
一発目。浅い。平行にもなってないとのこと。
二発目。まだ浅い。平行とのこと。

重さ的には、145kgでも全く軽い。
浅いこともあるが、
ニーラップはかなり効く。

納得できない。もう一発やりたい。
しかーし。
ニーラップでの練習は、非常に足に負担がかかる。
これ以上は無理。何しろ10ヶ月ぶりのニーラップだから。
たった2発でも、足も腿も、バンバンに張る。
もう無理。

今日のスーツトレーニングは、全て浅かった。
非常に悩む。
悩んでいても、トレーニングは終わらないので、
悩みながら、苦悩しながら、メインをやる。

2セット目ですでに、大腿四頭筋がいかれてきた。
ニーラップの負担は恐るべしだ。
加圧トレーニングと同じ原理か??

3セット目、4セット目と根性で乗り切る。

普通なら、ここで、ストップスクワット。
しかし、スーツで、浅かったことが気になってしょうがない。

だから、もう一度スーツを着た。
112.5kgで6回を目指してやってみる。

すると・・・・・。
スーツ着た方が、生より、かなりつらい。
下ろすのも平行がやっと。5回でギブアップ。
?????
スーツって、サポートしてくれるものなのに、
着たら、かえってつらくなるのはどういうこと?
生の方が良好に上がるなら、
スーツって何の意味があるのか??

スタンスを広げたり、フォームを変えたりしてみても、
やはり、スーツ着た方が、つらい。

試しに、90kgにしてみた。
降りない!!無理やり降ろしたら、下でロックした。
下の姿勢で動けなくなる。
前に落とす。ガラガラガッシャーン!!

もうボロボロ。
いろいろやっても、うまく行かず。
体力、筋力、精神力とも使い果たす。
先が見えないまま、スクワット終了。

もう、補助トレーニングもやる気ない。
しかも腰痛が強い。

バラコンとストレッチやって終了。



入浴中も、帰り道も、ずっと考えた。
どうしたらいいんだろう??

考えて、気づいたことは、
スーツって、ある程度の重量がないと、降りないということ
(当たり前??)。
今のスーツだったら、135kg以上ないと、降りないのではないか。
それ以下の重量では、がんばっても普通のやり方では降りない。
無理に落とすと、動けなくなる。
ニーラップ付けたら、緩めでも147.5kg以上必要らしい。

考えてみれば、ベンチシャツと同じ。
ある程度重量がないと、降りない。
降りないのを無理に降ろすと、とんでもないことになる。

しかし、自分で降ろせないということと、
スーツと重量の関係で降りないということの区別が難しい。

自分の意識で、十分降ろすことができて、
それでも降りないときは、重量不足。
重量を上げれば降ろせるはず。

逆に、自分で降ろせないまま、重量を上げていっても、
降りない。逃げてしまう。
重量が上がると降りるどころか、怖さで浅くなる。
昨年の大会での、第三試技がまさにこれ。
これが一番困る。だめなフォームでやって、
それが身についたら、かえって悪い結果になる。

どうすれば良いか??

いろいろ考えた。
考えてみたら、今まで、同じスーツ、
しかも、高重量用につめたスーツで、
低重量から、ある程度の重量まで同じようにやろうとしていた。
それでは無理なのは、ギアの基本かもしれない。

ならば、ベンチシャツと同じに考えたらどうか。

つまり軽い重量では、サポート力の弱いスーツにする。
重量とともに、サポート力を強めていく。
スーツでmaxのサポートにした重量を超えたら、
ニーラップは非常に緩めから始めていく。
ニーラップをきつくするとともに、重量を上げていく。
こうやったらどうか?
(当たり前か?)

しかし。
スーパースーツのサポート力の調整は難しい。
何故なら、試合用にきちきちにつめてあるスーツを
どうやって調節するのか、難しい。
考えられるのは。
ベルトを緩めて、上下のつっぱりを少しでも減らす。
裾をまくって、大腿をもっと自由にするなどの対策が
考えられる。

ふと、以前に買った、スーパービクターを思い出した。
あれを使ってみようか。

押入れから、引っ張り出す。1年以上のご無沙汰。
まず着てみる。
ぱっつんぱっつん。

考えてみると、このスーパービクターを着ていたとき、
メインは、92.5kg〜95kg。
今より20kg近く軽かった。
よって、足や、臀部に筋肉があまりない時。
この時につめたものだから、
今着ると、ぎちぎちにつめた状態になってしまう。
こりゃ、つめすぎ。

リッパー登場。
肩も、体側も、足もはずす。
かなり、緩む。
結局、肩だけ調節して、尻をちょっとつめた状態になる。
裾をまくって、無負荷で、何とかしゃがめるぐらいに緩んだ。

来週は、メインと同じ112.5kgで、
このスーパービクター「ゆるゆる号」でやってみよう。
まずは、裾をまくって。
112.5kgで、生より楽に挙げられるまで調節し、
その後、重量をアップしてみようと思う。

「いらない」と思っても、捨てないでよかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
下宿探しや手続きでばたばたしてますがトレーニングはかなりできてます(^^

中央はトレーニング施設があるみたいです。
まだ見てないので何とも言えませんが…
そんなに悪く無いはずです。

ただ夢の実現のためには1年のうちからかなり勉強しないといけないので大学の方が逆に両立が大変になるかもしれません^^;
KATO
2009/02/17 16:01
KATO様、コメントありがとうございました。
下宿さがしや、大学の入学手続きですか。
私も28年前、やりました
(ちょっと懐かしいです)。
良い下宿とともに、良いトレーニング施設が、
良い場所に、見つかるといいですね。

大学に行って、まず勉強をするというのは、
偉いですね。
私なんか、遊ぶことしか考えてませんでした。
やはり、目標がある人は違います。
夢の実現のため、がんばってください。
JH
2009/02/17 19:56
こんばんは。
うさちゃん、いつ見てもかわいいですね〜。
癒されます(=゚ω゚)ノ
うさちゃんなんですが、目を見開いた画像を見たことがないような気がします。
過去ログをすべて確認したわけではないのですが。
今日の画像は、目をつむっているのでしょうか?
フラッシュでまぶしくて目をつむってるんですかね?

素人の戯言なんですが、知り合いのパワーリフターはピーキング序盤、スーパースーツは腰までしかはかないようなことを以前言ってました。
これだと、多少は降りやすくなるのではないでしょうか?
着たことがないので、あくまで推測なのですが…。
もうやってらっしゃったら、聞き流して下さい。


taatang
2009/02/17 23:59
スーパースーツのみだと股関節だけ固めてしまい、バランスが崩れるので、うまくしゃがめませんよ。
フルまでしゃがむには同じ程度にキツイニーラップが必要です。

スーツだけで無理にフルまでしゃがもうとすればバランスを崩して、うまく立ち上がれないはずです。
ヨコヤマ
2009/02/18 00:13
taatang様コメントありがとうございました。
うちのクーは、ブチと頭の構造から、
写真では、目が写りにくいようです。
正面からでは、目元が暗いので、ほとんど
目がないように見えます。
側面からでも、ブチで見えにくいです。
12/16の写真がやっとです。
うっとりしている時以外の写真では、
目を開いているのですが、写りにくいのです。
だから、ぶっさいくなのかもしれません。
尚、クーは、フラッシュを無視しています。

スーパースーツの腰履きですか。
確か、「パワーリフティング入門」にも、
"Wonderfull power world"の記事でも
載っていました。

そうです。忘れていました。
ノーリミッツでは、スーツに慣れる始めから、
しっかり着るとのことでしたので、忘れていました。
肩ひもをかけないでやれば、サポート力は
調節できますね。

やってみます。
アドバイスありがとうございました。
助かりました。
JH
2009/02/18 16:45
ヨコヤマ様、コメントありがとうございました。
ご指摘の通り、スーツを着たら、
ニーラップをしないとバランスが取れない
ということは理解できます。
ニーラップをしないで、スーツ着ると、
股関節だけ固定され、膝がフリーになっているし、
大腿がスーツで押さえ込まれてしまいますし。

今度は、軽い重量から、
ニーラップをして、やってみます。
ただ、スーツのサポートの合わせて、
加減しながら巻くのは難しいです。
アイアンレッドラップなので。
メタルラップみたいな柔らかいのが
軽い重量には良いのかもしれません。

アドバイスありがとうございました。
JH
2009/02/18 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
困惑のスーパースーツ 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる