中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 病み上がりのベンチプレス

<<   作成日時 : 2009/02/04 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NOVAうさぎとクー。
画像
NOVAうさぎがマッサージをしているような写真。

今は消失した、NOVA。
そのCMで一時代を築いた、NOVAうさぎ。
そのぬいぐるみは、会員でも買わないと手に入らなかった
(景品じゃないところが、当時から、せこかった)。

わが家には、何故かNOVAうさぎのぬいぐるみが2体ある。
友人が買ってくれたもの。

クーは、このぬいぐるみのことが大嫌い。
色が嫌なのか(結構下品な色だし)、形が怖いのか。
とにかく大っ嫌い。

なのに、2ショットで写真を撮られるとはどういうことか?

ここに、こだわらない、あきらめの早いクーの性格が表れている。
あまりにしつこい、飼い主の強要に、あきらめたらしい。

嫌がって、ぬいぐるみをぶっとばすこと、数回。
しかし、根気良くぬいぐるみを置くと、
「しつこいな!もう、いいや」とあきらめてくれた。
良い性格なんだか、悪い性格なんだか。


昨日のトレーニング

メイン:ベンチプレス

内容:

アップ:60kg×6回、80kg×6回、90kg×3回
ベンチシャツ:なし。
メイン:102.5kg×6回+7回
補助:ワイド:87.5kg×8回+4回
   ナロウ:70kg×8回+10回
   ストップ:65kg×6回


感じ:

ようやく、風邪が治って、トレーニングを再開した。
治るまでに10日以上かかった。
長かった。

昨日は、病みあがりだから、「できなくて当然」と
開き直ってのトレーニングだった。
シャツはなし、補助トレーニングもなし。
初めから決めていたから、とても心が楽。

アップすると、案の定、重い、重い。
90kgなんて、いっぱいいっぱい。

だめもとで、102.5kgを行う。
1セット目から、補助についてもらう。
1レップ目、あらら??意外に行ける。
2,3,4レップと、良いテンポ。こりゃクリアできるぞ。
結果、やや余裕を残して6回クリア。

うーむ。102.5kg6回って、何ヶ月ぶりのクリアだろう?
下手したら、1年以上なかったかも。

休むと逆に強くなることもある。
taatang様の言う通り。
もちろん自分でも、経験はあったが、
ここまで挙がるようになるのは、初めて。

ここで調子に乗ると、しっぺ返しが来る。
病みあがりは無理は禁物。
追い込まなくても、後のダメージは大きく、筋肉痛が強くでる。
事前に、2セットしかやらないと決めていたから、それを守る。

よって2セット目は、行けるところまで。
結果、何とか、何とかだが7回挙がった。
何と、記録更新。
これなら来週の3セット、クリアできるかも。
7回の後、ネガティブを2回やってメインは終了。

かなり筋肉が張っている。
しかし、ワイドは、病前と同じ87.5kg。
1セット目の3レップ目でへこたれる。
しかし、根性で続け、8回クリア。

2セット目、根性出せば、6回ぐらいいくと思ったら、
4回で、ストンと、力が尽きた。
5レップ目で、挙がらず、下のラックに戻す。
余裕なく戻したから、ラックとバーに手の皮を挟み、流血。
ワイドは、これが怖い。

それにしてもやはり、病みあがり。
限界がわからない。
まだ行けると思っても、ストンと力がなくなる。

ナロウは、用心して、70kgに落とす。
すると、8回余裕。
2セット目は10回できてしまった。
明らかに重量が少ない。用心しすぎ。

ストップは、6回ギリギリ。
もっとも、ストップのころになると、
重量に関係なく、6回で力尽きるのが通常。


サブメイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×3回
ギア:なし
メイン:112.5kg×6回、2セット
補助:なし


感じ:

病みあがりにしては、ベンチプレス後、体力が残った。
普通なら補助トレーニングだが、
一昨日できなかった、スクワットを少しでもやることにした。

スクワットは、1日遅れだけ。ブランクなし。
なのに、おかしい。
60kgが重過ぎる。90kgで限界を感じる。
スティッキングポイントで、スピードが落ちる。
今まで、90kgではなかった現象。
112.5kgのメインで「つぶれるのではないか?」と思うほど。

覚悟を決めて、112.5kg。
つらいが、挙がる。
2レップ目から、根性という言葉が頭の中で回る。
やっとやっとで、6回完了。

もう嫌だ、ダメだと思った。
しかし、インターバルを3分とっただけで、
大腿も尻も、全くダメージなし。
呼吸も戻った。

じゃあ、やるしかないと2セット目。
やっぱり、きついじゃん。
息継ぎ、息継ぎ、やっとクリア。

体力が残っているようでも、やはり病みあがり。
しかもベンチプレスをやって、精神力も消耗している。

とりあえず、筋力の維持はできたと思う。
よって、ストップスクワットはやらず。


ゴムのインナーマッスルトレーニングを念入りにやり、
ストレッチも長々やって終了。

久しぶりに、トレーニングが楽しかった。
ベンチプレスのメインが良かったからだが、
良いことばかりではなく、メインはいつもよりつらかった。
病みあがりの限界もシビアにわかった。
つらかったけれど、トレーニングを楽しむ方法が
少しわかった気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
復活おめでとうございます。
&ベンチ記録更新おめでとうございます。
自分もそうなんですが、ベンチって休み明けの体感重量が異常に重いですよね。
しかし、レップス数はアップしているという…不思議。
自分もつい先日、同じ経験をしました。
思うに、疲れが芯から抜けたような気がしました。
やはり3種をしっかりトレしていると、目に見えない疲労が蓄積しているのではないでしょうか?
表層筋の疲れは抜けているけど、深層筋は回復しきっていない…みたいな。
長期休みは感覚…神経系が鈍りますし、フォームなどのスキルも落ちると思いますが、2か月に1回くらいレイオフを取るのもいいかも知れませんね。
ただ、フィジカル面でのストレスは摂れますが、「練習したい」「やらないと弱くなる」などのメンタルストレスを抑えることができるかどうかが問題ですが…(笑)
とカッコイイこと宣ってますが、かくいう自分も休めない性分です。
まとまりのないコメントですみません。
トレもオフも楽しめるようになるといいんですけどね。
まとまりのないコメントですみません。
taatang
2009/02/05 00:41
taatang様コメントありがとうございました。
確かに休んだ後、疲れが抜けて
好調になることはありますよね。
今回のは、ちょっと極端でしたが。
ご指摘の通り、潜在的な疲れが
とれるのだと思います。

サイクルトレーニングでも、
「サイクルの最終週の次の週は、
一週間の休みを入れる」
というパターンも多いですが、
そういう理由だと思います。
休むと、神経系は整備されなくなりますが、
その分、溜まった疲労をとれ、
神経系は、次のサイクルの軽い週で、
整備しなおすということでしょうか。

私の場合、今までは、サイクルの間の休みを
取ることができませんでした。
精神的な焦りを克服できないからでした。
今回の経験と、ご指摘を受けて、
今後は、考え直そうと思いました。
JH
2009/02/05 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
病み上がりのベンチプレス 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる