中年パワーリフター日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新シューズでスクワット

<<   作成日時 : 2009/01/12 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いじられたい放題のクー。
画像
家に帰ると、またお怒りのクー。
最近、毎日、夕方は怒っている。
中年なのに、反抗期みたいなクー。

そして、しばらくすると、逆。
「かまって、かまって」と愛を求めてくる。
この時は、結構嫌なことをされても、我慢する。

写真は、大嫌いな、仰向けで、いじられるクー。
足と耳が不思議。
耳で飛べるような気もする
(「ダンボか?」とか突っ込んでください)。



昨日のトレーニング

メイン:スクワット

内容:

アップ:60kg×6回、90kg×3回
ギア:130kg×2回(1回つぶれ)、135kg×1回、140kg×1回
メイン:125kg×3回、3セット、112.5kg×6回、1セット
補助:ストップスクワット:97.5kg×6回


感じ:

今日は、初めてのシューズ。
先日届いた、アシックスのウエイトリフティングシューズ。

履いてみる。
パワー用に使っている厚い靴下では、
つま先がきつ過ぎる。
しかし、かかとは緩め。
よって、靴と足を慣らすしかないな。

靴底が硬くて、歩くとカチカチ音がする。
タップダンス用の靴みたい。

60kg。しゃがみやすい。とても。
しかも、かかとがかっちり固定されて、グニャグニャしない。
しかし、しゃがみやすくても、重さは同じ(当然)。

90kg。いつもと同じ感じ。

125kg×3回、1セット目。
やはり、1レップ、1レップは、かなりきつい。
1レップごと、目一杯。
でも3回で終了だから、ダメージは少ない。

シューズの底、特にかかとがしっかりしているせいか、
いつもなら多少なりとも見られる、重心のブレがない。
前にのめったり、左右に傾いたりしない。
すごいぞ、ウエイトリフティングシューズ。
スクワットでもいいじゃん。
買って良かった。

スーツを着る。130kg1発目。

前回は、とにかく、下まで落とすことが難しかった。
だから、今回は、深くしゃがむことだけに集中。
フン!!と下まで落とした。
すると、止まった。
びくともしない。
そのままつぶれた。
全く想定外。1秒あまりも、呆然として、動けなかった。

つぶれたら、バーを処理しないといけない。
担いで、しゃがんで、一生いるわけにもいかない。
どうにもならない。

新シューズで、かかとが高くなったせいで、
セーフティーバーは、かなり下にある
(セーフティーバーを1目盛り上げなくてはいけなかったことに
後で気づいた)。
しかもスーツが上体を支えている。前傾が難しい。
セーフティーバーにバーベルを落とすのがかなり難しく、
結局、「ガラガラ、ガッシャーン!!」という音とともに、
崩れるようにして、パワーラックを揺るがして、
やっとのことでバーベルをセーフティーバーに、落とした。

今年初、つぶれた。
ショック。
しかも、絶対に上がる低い重量で、
力負けしたのではなく、立ち上がる動作を忘れたかのごとく
つぶれた。

悪い癖だ。
しゃがん瞬間、立ち上がる動作に切り返せないで
止まってしまうという、自分でも理解できない癖。
瞬間のことで、何が起こったかわからない、
何が原因かわからない。
だからどうしたら対処できるかわからない。
つぶれるだけでなく、その後のスクワット全てが、
怖くなるという悪〜い癖。

気を取り直して、130kgもう一発、と行きたいところだが、
気を取り直すことができない。
怖くてしょうがない。また止まるような気がしてならない。

うだうだ考えると、怖さがどんどん強くなる。
しょうがない、どうでもいーや、やっちまえ!
結局、気持ちを切り替えることができないまま、
2回目の試技。
浅めだが、成功。

ここで、何か考えるとどうにもならなくなりそうだったから、
考えずに135kgに重量増。

何にも考えずにスクワット。
深さも十分で、あっさり成功。

もうこうなったら、惰性でそのまま上げるしかない。
140kgにする。
トレーナーに深さを見てもらう。
○川コーチだと、判定は甘い。
おだててくれるが、今の自分には厳しさが必要。
よって、一番判定が厳しいと思われる、○村コーチに頼む。

担ぐ。
+5kgでも、異次元の負荷。
特に肩と腕、手首にかかる負荷は、135kgと段違いに強い。
いつも思うが、140kgから、ガラッと変わる。

気合を入れて、スクワット!
自分でも十分とわかる深さで、しっかりと切り返し、
余裕を持って挙がる。
コーチの判定も白。

今回のスーツでの一発練習は、終わってみれば
前回より+5kgの140kgが余裕で終了。
これなら150kgも挙がりそう。
ニーラップしたら、160kgは軽いかも。

しかーし。
何故に下で止まるのだ??
この悪い癖は、神出鬼没。
いつ出るかわからない。試合で出たら、アウト。
何とか克服いしないといけない。

続いて、125kg×3回のメインセット、2セット目、
スーツでの一発4回の影響で、125kgはギリギリ。
でも回復は迅速。
よって3セット目も同じくらいのつらさで終了。

でも残るダメージは少ない。
このままじゃ物足りない。
つぶれたんだから、そのお仕置きだべぇ(ドロンボー?)。
ということで、来週からの112.5kg(前回サイクル+2.5kg)×6回を
1セットだけやる。
効いた!!

さらにお仕置きとして、
先週より+2.5kgの97.5kgでストップスクワット。
これもまた効いた!!
ゼハーッ、ゼハーッ。

この効く感覚はスクワットだけのもの。
筋トレなのに、有酸素運動まがいの「境地」。
「スクワットが好き」とか言う人は、この感覚が好きなのかも。
少なくとも、○島さんは、この感覚大好き。
はっきりいって、M。

スーパースーツによるアザは、
先週の1本から、2本に増えた。
+5kgで+1本のアザか?


補助トレーニング

内容:

シュラッグ(スミス):116.5kg×3回、3セット
ベントオーバーロウ(スミス):111.5kg×3回、3セット
ダンベルアームカール:18kg×8回、2セット
ダンベルバックレイズ:18kg×8回、2セット
バーベルカール:40kg×12回
マシン・ロウ:94kg×3回、3セット
ワイド・ロウ(ワイヤー):90kg×10回、2セット
ラットプルダウン(マシン):49kg×10回、2セット

感じ:

3回3セットのスミス、マシンロウと、
8回2セットのダンベルが重なり、
かなり楽な週になってしまった。
3回なんて、効くのはマシンロウぐらい。
スミスでは、3回なんて効きゃしない。
たまには、楽するのもいいじゃん。

大円筋狙いのワイヤーでのワイドロウを90kgにアップした。
なのに、あまり効かない。
上腕二頭筋使ってしまうのかな?

マシンのラットプルダウンて本当に難しい。
厳しくなると、つい、上腕二頭筋使ってしまう。
広背筋だけ、それも外側だけ使って、
最後まで集中するのは至難の技。

ストレッチやって、バラコンもやって終了。

つぶれたくせに、心は晴れ晴れ。
140kgが異様に軽かったからか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
シューズ、いい感じで良かったですねぇ。
これでスクワットの記録が伸びますね。

質問なのですが、スクワットはノーギア→フルギア→ノーギアとトレなさってるんですか?
自分もベンチはノーギア→フルギア→1セットだけ(60キロ)ノーギアでフォームチェックという風にやってるんですが、何か狙いがあるのでしょうか?
taatang
2009/01/12 20:51
taatang様。
シューズは、良かったです。
ただ、つま先がきついで、慣れるまで
つらそうです。

私の場合、メインはどんな時でもノーギアです
(地力を付けるためですから当然ですか)。

サイクルの前半の一部以外では、
メインのトレーニングでは、
いつも、かなり追い込まれています
(そうならないとメインの意味がないので)。
メインが終わると、ヘロヘロですから、
ギアつけても、もう挙げられません。
私の場合、メインの後は、
インターバルを長くとっても、
十分に回復しないようです。

逆にギアでの一発練習は、
筋肉、関節への負担はありますが、
後に残りにくいと思います。
よってギアはメインの前にやってます。

以前は、アップ→ギア→メイン→補助と
やっていましたが、
こうなると、アップの重量の中に、
メインと同じ重量が含まれます。
それなら、メインの1セット目ぐらい
入れましょうということで、
アップ→メイン1セット目→アップ→ギア
→メイン→補助という変則的な順序にしています。
これは、3種ともそうです。
JH
2009/01/13 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
新シューズでスクワット 中年パワーリフター日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる